ヤーコンの栄養と調理法

ヤーコンはとってもヘルシーな野菜です

ヤーコンは世界でも有数の長寿国、中南米アンデス高地原産のキク科の根菜で、インカ帝国の昔から、果物のような野菜として親しまれていました。

ヤーコンが日本に伝わったのは昭和60年(1985年)で、初めは、ヤーコンの栄養成分が分からず、一度は忘れ去られましたが、地道な研究の結果、“ヤーコンはオリゴ糖の塊のようなお芋”ということが発見されたため、飛躍のきっかけとなりました。
ヤーコンは現在調べられているあらゆる野菜の中で、食物繊維も豊富に含んでいるとってもヘルシーな野菜です。また、最高にオリゴ糖を含んでいる魅力的な野菜なのです。その上、ヤーコンはキク科の植物なのに芋ですが、なんと生で食べられるのです。

塊根部(芋)の形はサツマイモに似ていますが、味や歯ざわりは果物の梨に似た、シャキシャキとした触感で、生でサラダなどに入れることが多く、さっと油でいためる程度で、サツマイモのようにゆでたり、煮たりはしません。ですので、ヤーコンは果物のようにジュースにすることもできるのです。



★ヤーコンのお勧め最新情報を見る★

国民年金と厚生年金 inserted by FC2 system